海外に行く邦人の現状

海外では、自然災害・テロ・病気・対日感情など、様々なリスクが存在します。海外に事業所やプラントを持つ企業では、安全配慮義務が課せられております。ほとんどの場合は、海外旅行保険に加入して対応していますが、現地医療機関での対応は不十分なことが多く、派遣者が亡くなられるケースも発生しています。


現在のJDMAの取り組み

JDMAの訓練を受けるTAGANAメンバー

発展途上国を中心に現地の市民や医療従事者に対して、救急医療や災害医療、防災等に関する知識と技術の教育を行い、普及啓発に努め、福祉の向上に寄与しています。

国際的連携を強化し、災害が発生した国とリアルタイムで災害情報を共有並びに国際緊急支援を行います。日本の公的な国際支援機関に対しても進言を行います。

その結果、海外有事での邦人の救助や救護の向上にもつながります。

JDMAの実績

JDMAの訓練を受けるTAGANAメンバー

アメリカ、カナダ、インドネシア、フィリピン、カンボジア、ザンビア、インドネシアの政府や防災団等にサポート実績があります。

インドネシアでは度々起こる豪雨による洪水の際、私たちが教育支援をしていたTAGANAのメンバーにより多くの尊い現地市民の命を救っています。

今後も発展途上国をはじめ、広く国内外の安全及び防災の一翼を担って参ります。

寄付金の使い道

支援を受けていれば助かったかもしれない・・・
多くの命を助けるために、いざとなったときに適切な判断で救済活動を行えるように!

JDMAは医療危機管理者として、国内外を問わず人々の生命・身体・財産を災害から守るために国際緊急支援を続けて参ります。

被災した子どもたち
被災した子どもたち

現状は、支援に関わる渡航費をはじめすべて自費で賄っております。

活動資金があれば、もっと多くの地域の方へ支援が届き、もっと多く人を助けることができるかもしれない…

私たちの活動を、支援を広めていくために、ぜひ皆様のご支援を賜りたいと考えております。

寄付を通じて、自分自身が現状を変えるムーブメントに加わることで、誰もが置かれた境遇に関わらず、未来を築くことのできる社会づくりへの、大きな力になります。

あなたの寄付が、命を守ることへつながります。
災害発生時や救急医療を必要とする人たちへの未来への投資になります。

ご寄付は、1000円~お願いしております。

また、継続的なご支援もお待ちしております。

未来ある子どもたちの笑顔のために

下の「寄付はこちら」をクリックするとSyncableのページへ移動します。

正会員・賛助会員様も随時募集中

正会員について

正会員(年会費) 160,000円
正会員(月会費) 15,000円

☆特典☆
・年1回の総会の議決権あり
・アメリカで開催のコマンドカーミーティング参加権
・インドネシア市民防災団ミーティング参加権

賛助会員について

賛助会員(年会費) 20,000円
賛助会員(月会費) 2,000円

☆特典☆
・活動報告(メール)

個人・法人問わず、皆様のご支援を、どうぞ宜しくお願いいたします。

下の「会員ご登録はこちら」をクリックするとSyncableのページへ移動します。