海外教育支援

海外への教育支援活動

防災とは、大災害だけでなく、日々発生する個人の緊急事態から交通事故、火災まで人々の健康を危機にさらす事案に関係する多種多様な危機であると理解しており、日本の消防はこれまで多くの事案への対応を通じ膨大な防災・減災技術を蓄積してきました。これら大小さまざまな現場で育まれた消防防災や減災の英知を世界で共有した想いがあり、特に発展途上国と共有することで、それらの国々の健康危機管理体制の発展に寄与しています。

海外パートナーとの情報共有

フィリピンとのIP無線通信、インドネシアTAGANA本部にIP無線ネットが配備されており、各国とネットワークづくりを推進しています。私たちは海外の消防や警察機関、市民防災組織など現場レベルの情報を確保することができます。したがって、私たちの保有する海外のネットワークが、緊急援助を行う団体がほしい情報をシステマチックに保有できるようになることを目標としています。