あいさつ


民間救急救命士として、社会で何ができるのか?その答えを見つけるために、様々な場所に足を運び、色々なことを経験してきました。しかし、そこで強く感じたのは、救急救命士という資格はあまりにも社会的に認知されていない職種なのだということです。

そこで私は、みなさまに少しでも救急救命士という人たちを知っていただきたいと思い、この小さなNPO法人を立ち上げました。

現在では、救急救命士を中心に数十名のスタッフが集い、「笑顔を守る医療危機管理」をスローガンに日々精進しております。

まだまだ未熟な私たちですが、10年先、20年先に、みなさまに最高の笑顔を提供できる団体になることが出来れば大変嬉しく思います。

職員一同、皆様と様々な国や場所で、お会いできる日を楽しみにしておりますので、JDMAをどうぞよろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人JDMA 代表 芦村 英昭